飲食店でアルバイトしてみる!?飲食店の裏側3選

初日から「さぁ!とりあえずやってみよう!」

飲食店のアルバイトは結構スタッフの入れ替わりが激しいものです。なので店舗にもよりますが、しっかりとした研修もなく初日からホールに出されることも少なくありません。先輩が一緒にいてくれていろいろと教えてくれますが、なんせ自分の作業をしながらなので丁寧に説明してもらえないこともしばしば。頑張って聞き逃さずに理解して、急いでメモを取る必要があります。ですが、何回も同じことを聞くのは先輩スタッフの負担になってしまうかもしれません。理解できなかったらすぐに聞き返しましょう。

暇な時間と忙しい時間の差が激しい!

飲食店では仕事量がお客様の入り具合によって異なってきます。ピークの時間はやはりお昼時や夕食時ですよね。人気店の場合ですとピークの時間になると一気にお客様が来られてすぐに満席なるなんてこともあります。その時の忙しさといったらもう目が回るような忙しさです。それについていくにはもちろん慣れも大事ですが、スタッフ同士のチームワークも大事になってきます。その時間とは逆にピーク以外の時間は結構暇なもので、何かしら自分で仕事を探し暇を潰さなければなりません。

スタッフ同士は意外と仲良し!

新しいところで働きだすと、新しい出会いがありますよね。飲食店のバイトですとお昼の時間は主婦の方が多く働いており、夕方ぐらいからは学校帰りの学生さんが増えてきます。なので大体の方が同じぐらいの年代になります。毎日のように顔を合わせいると、きっと自然に仲良くなっていくことでしょう。まず最初に明るく挨拶してみましょう。そこから段々と仲良くなっていきプライベートでも遊ぶような関係を築けるかもしれませんね。

販売の求人情報などに関しては、営業力のある方であればそれこそ転職を考えたり条件の良い求人も沢山あります。