家族に介護が必要になってしまったら!知っておくとよい情報

介護認定を受ける手続きをしよう!

家族が急に介護が必要になってしまったらまず何をすればいいのだろうと、心配になる人も多いのではないでしょうか。万が一家族に介護が必要になってしまったら、市役所に行って介護保険担当窓口で介護認定を受ける手続きをしなければいけないんですよ。介護認定を受けないと、様々なサービスを受けることが出来ないので必ず行ってくださいね。介護認定の手続きを行うと後日調査員が来て本当に介護が必要な状態なのか確認し、その結果をもとに介護認定が下りる仕組みになっているんですよ。

ケアマネージャーに積極的に相談しよう!

無事介護認定を受けることが出来るとケアマネージャーという人が派遣され、その人が今後どのように介護を進めていけばいいのか本人の意向をもとに、いろいろとアドバイスや手続きを行ってくれるんですよ。ケアマネージャーは少しでも信頼関係を築くことが出来るように、一人の人が担当してくれるんです。その為もし介護を行っていて不都合が生じた場合には、遠慮せずにケアマネージャーに相談するようにしてくださいね。相談することにより信頼関係も築けますし、何より介護を受ける人も家族もより良い方向にもっていくことが出来るんですよ。

介護の認定区分によって受けられるサービスが違う?

介護認定には大きく分けて比較的症状が軽い要支援と、症状が重い要介護の二種類があるんですよ。また要支援は1~2のランクが、要介護は1~5までランク分けがされており、数字が大きくなればなるほど重症なんですよ。その為要支援よりも要介護の方が、数字が大きい方がより手厚いサービスを受けることが出来たり、金銭面でも補助してもらえる金額が多くなったりします。また要介護などの区分は定期的に見直されるので、体調が悪化すれば区分は上がりますし逆に調子が良くなったりすると下がるんですよ。

介護の派遣を手掛ける業者では、職場探しを行っている人と介護スタッフが必要な施設の間に立って人材紹介を行っています。