気軽に一人暮らしを始められる!マンスリーマンションの基礎知識

そもそもマンスリーマンションとは

マンスリーマンションとは、短期型の家具付賃貸の一種です。建物については、マンションに限らずアパート(木造や軽鉄骨造)の場合もあります。特徴としては、一般的な賃貸と違って契約期間が短いこと(1ヶ月契約であること)や、敷金や礼金などの初期費用が必要ないことが挙げられます。また、テレビ・冷蔵庫・洗濯機などの生活に必要な備品があらかじめ揃えられているため、気軽に一人暮らしを始めるときなどには便利だと言えるでしょう。

マンスリーマンションの仕組みとは

マンスリーマンションの仕組みは、簡単に言うと、最低1ヶ月間そこに住むことを条件に契約するというものです。つまり、1ヶ月未満で退去する場合でも1ヶ月分の家賃を支払わなければなりませんが、逆に1ヶ月を超えればいつでも退去が出来るということです。一般の賃貸では、半年~2年といった契約期間が設けられているため、ある程度長い期間住むことを前提にして部屋を選ぶ必要がありますが、1ヶ月契約でOKなマンスリーマンションの場合は、気軽に部屋選びが出来ると言えるでしょう。

メリットと注意点について

マンスリーマンションのメリットとしては、一般の賃貸のように敷金や礼金などの初期費用を支払う必要がないことや、家具家電が完備されていることのほかにも、保証人が不要である場合が多いことや、入居審査があまり厳しくないことなどが挙げられます。さらに駅の近くなどに物件が多いこともメリットの一つだと言えるでしょう。ただし注意点としては、敷金等が必要ない分、月々の家賃に関しては一般的な賃貸よりも割高になることが挙げられます。

マンスリーマンションは短期間利用するマンションです。生活に必要な家具や家電製品は用意されているので気軽に入居できるのが特徴です。また、敷金や礼金は必要がないことが多いのでマンション利用者は助かります。