保育士の仕事って魅力的!やってみたい仕事シリーズ

保育士の毎日は魅力的!

保育士の毎日は朝早くから始まります。1日の中で子供と触れ合わない時間には、園の清潔を守るための清掃活動や、子供達にやってもらうことの準備、計画などの様々なことをします。そして子供達をすっきりとした気持ちで迎えます。園では計画にそって遊びが行われます。子供達にとって遊びがすべてなので、楽しくできるよう工夫しながら生活します。そして、手遊びをしたり絵本や紙芝居を読んだりすることによって子供達を楽しませます。みんなの笑顔を見ることが支えとなり、頑張る原動力になります。

保育士になるにはどうするの?

保育士になるためには、大学や専門学校に通うか、高校を卒業し、経験を積みながら自分で資格をとる方法があります。ただし、とても幅広い分野を学ぶため、自分の力で保育士を受験するの相当な覚悟が必要でしょう。短期大学でもとることができます。4年生の大学では幼稚園教諭を併用してとることが多いですね。大学の中でも養成校であれば卒業と同時に資格が与えられるため、自分で受験することなく保育士になることができます。見極めて学校を選ぶなどすると良いでしょう。

保育士の仕事の見つけ方

保育士には公立保育士と私立保育士があります。公立保育士は公務員なので、公務員試験に合格する必要があります。一般企業と同じ扱いなのが私立保育士です。民間で経営している園なので、園により独自のカリキュラムがあります。そして、私立保育園は数多く募集しているので、インターネットやアプリ等でも見つけられます。また小さい規模の認可外保育所もあり、妊娠出産後などに転職や職場復帰したいという場合にもアプリで探すと、様々な条件の職場が見つけられます。自分にあった場所が見つかるはずです。

保育士の求人は給与や働く施設などによって条件が違うので、細かく比較をしてから応募することが大事です。