美容師の主な一日の流れの3つの段階について

営業前の仕事について

営業が始まる前にも美容師の仕事は始まっています。営業が始まる前は今日一日の流れをミーティングで確認します。そのことによって店舗運営を円滑にします。ほかには営業前に店舗の中と外を掃除します。特に外に関してはお客さまだけでは無く通りかかる人全てに見られるところなのできれいに掃除します。お客さんに提供する雑誌が新しいものが届いていれば交換します。そういった営業中にはできない細かなことを営業前にやっておきます。

営業中の仕事について

営業中はお客さんが来るので、お客さんの対応をします。まずはお客さんを迎え入れます。そこで希望する施術を聞いて実行していきます。そのときに雑誌の準備をしたりドリンクの提供を行ったりします。スタイリストの人は髪を切るだけではなく、お客さんと会話をしながら楽しい時間を過ごしてもらいます。カットが終わればシャンプーをして、全てのメニューが終わればセットして会計をして終わりです。これを滞りなく進めていくことになります。

営業後の仕事について

営業後にもまで仕事が残っています。営業後は店内の清掃を行います。そして一日の売り上げを計算します。その後に今日の反省点についてみんなでミーティングをします。営業に関する仕事はこのぐらいで終わりです。しかし美容というものは日夜進歩していくのでその勉強をしなければなりません。さらにアシスタントの人は早くスタイリストになってお客さんをカットできるようにならないといけないのでレッスンを行います。これが営業後の流れです。

一人一人の個性を引き出し、コミュニケーションを取りながらモチベーションが上がる仕事が美容師です。あなたの手でたくさんの人が綺麗になる美容師の求人を見つけ出しましょう。