ヘアメイクアーティストの仕事内容を3つご紹介

ブライダルで花嫁を綺麗に

ヘアメイクの仕事は、ブライダルの場でも活躍します。結婚という人生の一大イベントで、花嫁となる女性の魅力を最大限に引き出せるよう髪を整えます。和装の場合とウェディングドレスの場合で適した髪型は変わります。また、ドレスの種類によっても似合う髪型は変わります。どのようなケースでも最適なヘアメイクをするための、技術だけではなく専門的な知識の必要な仕事です。結婚式場に所属していて仕事をするほか、フリーで活動しているヘアメイクアーティストもいます。

役者やタレントを支える裏方

舞台やテレビの裏方として活躍するヘアメイクアーティストもいます。テレビなら出演の前に出演者の髪型を綺麗に整えます。舞台なら役に合わせてヘアメイクします。その仕事ぶりを大勢の人に見てもらうことになるので、即戦力となる実力が必要な仕事です。専門学校などで技術を学んだあとは、まずはアシスタントとしての経験を数年積み、それからやっと自身でタレントの髪を触れる立場となります。一人前になるためにはとにかく経験が大切です。

ヘアメイク専門のプロダクションに所属する

ヘアメイクアーティストには、独立してフリーで活躍している人も多くいますが、最初はプロダクションに所属してからが一般的です。プロダクションで仕事をもらい、現場に行ってヘアメイクを行います。仕事は、ブライダル関係、テレビ・舞台関係のほか、写真モデルのヘアメイクなどさまざまなものがあります。あちこちの現場に行って仕事をするので、自然と経験値が養われます。化粧品メーカーやデパートの現場に、アドバイスをしに行くこともあります。

ヘアメイク派遣を依頼することで、各種のイベントなどの際に評判の良いメイクアップアーティストに対応をしてもらうことが可能です。